引っ越しの際の粗大ごみの処分方法について

引っ越しシーズンに多くの人が頭を悩ませる問題の一つとして、粗大ごみの処分を挙げることができます。
小さなゴミであれば処分に困ることはありませんが、サイズが大きく特殊な素材でできている粗大ごみはゴミ捨て場にそのまま捨てるわけにはいきません。

 

粗大ごみの一般的な捨て方としては、行政に定められた方法で各自治体の粗大ごみ回収に依頼をする必要があります。
しかし近年では処分が難しいごみの回収を行っている専門業者も多数存在しています。

 

行政回収によって捨てる方法と専門業者に回収を依頼する捨てる方法にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

行政回収の場合は、ごみ1つ1つの回収料金が比較的安いというメリットが挙げられます。
一方で建物からの運搬作業は自分自身で行わなければならない点や回収の日時を自由に選ぶことができないと言ったデメリットもあります。

 

一方で業者回収の場合、ごみ1つ1つの回収料金は比較的高額となります。
しかし、あらゆる粗大ごみの回収に対応している場合が多く、日時の指定や運搬作業を行ってくれるケースが一般的となっています。

 

自分自身の都合に合わせて、より適した方法で回収してもらうと良いでしょう。
不要なものはきちんと処分をして引っ越しを行いたいですね。